スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)

 宮崎県選管は18日、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を防止するためとして、参院選宮崎選挙区(改選定数1)に立候補を予定している3人の陣営と、県内に支部を置く6政党に対し、選挙運動の一部自粛を要請する文書を出した。

 個人演説会や街頭演説会について、「可能な限り自粛が望ましい。特に畜産農家の出席の要請は行わない」「握手については自粛する」と記している。

 さらに、選挙活動などで自動車を使う際の注意点として、農場内に立ち入らないことや、家畜の移動・搬出制限区域ではなるべく車から降りないことなどを挙げている。選挙事務所では、消毒マットの設置や消石灰の散布を求めている。

 県選管は「あくまでもお願い。強制力はなく、政治活動、選挙活動の自由を妨害するものではない」と説明している。総務省選挙課は「法には抵触しないと考える」との見解を示している。

首相、就任後初めて沖縄知事と15日会談へ(読売新聞)
<蓮舫行政刷新相>白のスーツ姿で初登庁(毎日新聞)
温暖化法廃案も経済界に無力感 成長戦略との矛盾に批判も(産経新聞)
馳議員「本田は無限の可能性を持つ男」星稜高後輩を絶賛(スポーツ報知)
<参院選>勝敗ライン「現有議席54に」 首相が上方修正(毎日新聞)

あの鋭い舌鋒どこに…新首相会見、物言い慎重(読売新聞)

 「重責を感じている」――。4日に誕生した菅直人・新首相(63)。トップとして臨んだ初の記者会見では、野党時代に国会質問などでみせた鋭い舌鋒(ぜっぽう)を封印した。

 鳩山政権が抱え続けた「政治とカネ」に対する国民の厳しい視線。米軍普天間飛行場の移設問題も解決の見通しは立っていない。約50分間に及んだ会見で、新首相は最後まで慎重な物言いを続けた。

 東京・永田町の民主党本部5階の会見室。約200人の報道陣を前に、午後6時から記者会見を始めた菅新首相は冒頭、サッカーの話から切り出した。

 「まずやらなければならないのは、サッカーで言えば岡田ジャパン……」。黒星が続くサッカー日本代表を引き合いに出したが、適当ではないと思ったのか、その後、具体的な話はせず、次に移った。

 「官邸の一体性を確保する」「議員、党員全員が参加できる党づくり」

 質疑に移るまでの4分間、政権立て直しへの決意表明は、慎重な言い回しで終始した。責任の重さを感じているためか、これまでの会見とは打って変わり、表情も硬いままだった。

 質疑では、鳩山由紀夫首相(63)との政策の違いや、小沢一郎幹事長(68)の処遇について、矢継ぎ早に質問が出た。ここでも、菅新首相は一つ一つ言葉を選びながら「皆さんの知恵を借りて決めたい」などと答え、具体的には語らなかった。

 普天間飛行場移設問題の質問には、沖縄に関する本を読み始めたことを明かし、「沖縄の歴史といったものを私なりに理解を深めている」と話すなど、沖縄県民への配慮をアピール。しかし、具体的な解決策については、「日米間の合意を踏まえる」と発言するだけで、「今日の段階で断定的にいつ、どうするということは申し上げにくい」などと明言しなかった。

 鳩山首相と小沢幹事長は、政治とカネの問題で説明責任を果たしていないと指摘されている。菅新首相は「襟を正した姿勢を示したい」と語るだけだった。

荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 (産経新聞)
<ユネスコ>無形文化遺産の審査停滞、11件は来年以降に(毎日新聞)
<スルメイカ漁>水揚げ09年の4倍、豊漁に一安心 北海道(毎日新聞)
民主・石井一議員の自宅から1000万円盗難(読売新聞)
「小沢包囲網」の様相、菅氏支持派が結束(読売新聞)

<日照時間>3〜5月、12地点で過去最少(毎日新聞)

 気象庁は1日、春(3〜5月)の天候のまとめを発表した。本州付近を低気圧や前線が頻繁に通過した影響で、全体的に寒暖の差が激しく雨の多い天候不順の春だった。東北、北陸地方など北日本や東日本日本海側で日照時間が平年の8割を下回り1946年の統計開始以来最も日照時間が少なくなった一方、西日本太平洋側全体でも統計開始以来最も降水量が多かった。

 日照時間は、北海道浦河町(452時間、平年の76%)▽岩手県大船渡市(382時間、同71%)など12地点で過去最少だった。気温は、高温と低温の時期の繰り返しとなり、沖縄・奄美地方を除くと平年並みの時期はほとんどなく変動が激しかった。

乳幼児の「手足口病」西日本中心に増加続く(読売新聞)
署名拒否「筋通っている」=小沢氏が福島氏に(時事通信)
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント(産経新聞)
赤字解消につながる対策とは―県立病院長が講演(医療介護CBニュース)
貨物検査特別措置法が成立…公海上で検査可能に(読売新聞)

平安時代からサルスベリ植栽? 平等院の池で花粉採取(産経新聞)

 江戸時代初期ごろに中国から日本に伝わったとされていたサルスベリの花粉が、京都府宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂にある阿字(あじ)池に堆積(たいせき)した940年(平安時代中期)ごろの地層から発見された。平等院が24日、発表した。

 通説より600年以上も前から植栽されていたことになり、平等院にある系統が現存する最古のものである可能性が高まった。平等院は「藤原道長、頼通親子が愛でていたかも」と話している。

 この調査や分析にあたったのは、京都府立大の高原光教授(森林科学)。平成21年9月、鳳凰堂の東側にある阿字池で、堆積層(790年以降)の一部を深さ68センチ、直径8センチにわたり採取。各地層に含まれていた花粉の放射性炭素測定や分析などをした結果、940年ごろ以降の地層で、継続的にサルスベリの花粉を検出した。

 サルスベリは中国南部原産の落葉高木で、7〜10月に花を咲かせる。文献などから、通説では江戸時代初期ごろに伝わったとされていたが、今回の調査で渡来時期が大幅にさかのぼることになる。

 また、サルスベリの花粉の飛散距離は数百メートル以内であることなどから、阿字池の南側に植栽されているサルスベリが、最古の系統になる可能性もあるとしている。

 京都造形芸術大の仲●(=隆の生の上に一)裕教授(日本庭園史・遺跡整備)は「阿字池には平安時代以前からの堆積土が残されており、当時の環境をうかがい知る貴重な資料。特に、サルスベリが植栽されていたと推定されることは興味深い」と話している。

【関連記事】
平等院の扉絵修理に新技術 魚の浮袋や内臓などを活用
またアライグマ? 二条城で動物のひっかき傷
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現
平等院や長岡京跡地を訪問 京都滞在の両陛下
現存最古「慶祝の舞」鮮やか 京都・平等院
虐待が子供に与える「傷」とは?

首相動静(5月20日)(時事通信)
<事業仕分け>20日から後半 駆け引き本格化(毎日新聞)
クマに襲われ? 男性死亡=肩から胸に深い傷―北海道(時事通信)
遠藤周作さんの初期未発表作発見 長崎の文学館で公開(産経新聞)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)

郵便局から融資金詐取=弟装い計2460万か−容疑で50歳男逮捕・警視庁(時事通信)

 弟名義の偽造健康保険証を使い、郵便局から融資をだまし取ったとして、警視庁四谷署は11日、詐欺容疑などで、相模原市南区相模大野、自称自営業岡田友徳容疑者(50)を再逮捕した。
 同署によると、容疑を認め、「金が欲しかった」と供述。昨年8月から10月の間、同様の手口で、東京都内の郵便局から5回にわたり、融資金計約2460万円を詐取したという。
 逮捕容疑は昨年8月初旬、インターネットで知り合った男に、自分の弟名義の健康保険証を偽造するように依頼。町田市の郵便局で、偽の保険証などを使って簡易保険証書を再発行させた上、世田谷区の郵便局から同証書を担保として720万円の融資を詐取した疑い。 

【関連ニュース】
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕
パソコン200台詐取=容疑で元IT社員逮捕
偽造クーポン使用、無職男を逮捕=大阪市互助会支給、9万枚流通
保険金5400万詐取=元夫の死亡偽装
詐欺容疑で山口組系組員ら逮捕=住宅ローン名目で4600万円

NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
地域貢献加算、小児科外来診療料算定時は不可(医療介護CBニュース)
将棋 羽生、3連覇に王手…名人戦・第3局(毎日新聞)
サラダ麺ブームの兆し 背景に女性の健康志向(産経新聞)
高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)

普天間問題 徳之島3町長は官房長官との会談拒否(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、滝野欣弥官房副長官は20日、政府が移設先として検討してきた鹿児島県・徳之島の天城、伊仙、徳之島3町の町長に平野博文官房長官との会談を電話で申し入れたが、3町長はそろって拒否した。政府が正式なルートで協力を要請したのは初めてだが、門前払いされたことで5月末の決着は極めて難しくなった。

 滝野氏は同日午後、3町長に「平野長官が鹿児島市に行くので、その際に18日の反対集会の様子を聞かせてほしい」と要請した。しかし、これまでの政府側の姿勢は不誠実だと感じていた3町長は政府側との話し合いを拒否することで事前に一致しており、この電話でも会談拒否を伝えた。

 これにより徳之島案は暗礁に乗り上げた。地元合意を移設の条件としている米国との徳之島案での合意も絶望的だ。これに関連、北沢俊美防衛相は20日の記者会見で「徳之島でお願いすることになれば、今の状況はなかなか厳しい」と語った。また、参院外交防衛委員会で「交渉が難航し、5月いっぱいで全部片付くかどうか(分からない事態)も想定される」との認識を示した。

【関連記事】
鳩山首相、徳之島との接触「瀧野副長官に聞いて」
防衛相が普天間問題の5月末決着を疑問視
前原国交相、支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」
大島自民幹事長「首相の態度は語るに落ちる」
米軍普天間飛行場 移設先、徳之島厳しいと防衛相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<豊中市長選>浅利氏が再選 大阪(毎日新聞)
<火災>放火か 東京・足立2人死傷(毎日新聞)
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>農薬以外の証拠 弁護団が主張の方針(毎日新聞)

子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)

 民主党の玄葉光一郎衆院財務金融委員長は18日、フジテレビの番組に出演し、同党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた月額2万6000円の子ども手当について「2万円ぐらいへの減額は(公約の)大幅修正に入らない。一つの選択肢ではないか」と述べ、財政事情によっては2万円程度への減額修正を検討する必要があるとの認識を明らかにした。 

原中新体制「混合診療」「医療ツーリズム」などに懸念―日医会見(医療介護CBニュース)
4%成長で所得5割増=「手当より仕事」明記−自民公約原案(時事通信)
奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
浅間山警戒レベル、平常に=気象庁(時事通信)
山崎宇宙飛行士 ISSとお別れ シャトル、地球帰還へ(毎日新聞)

反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」−普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移転先に検討している鹿児島県・徳之島で18日、「米軍基地徳之島移設断固反対1万人集会」が開かれた。主催者によると、予想を大幅に上回る約1万5000人が参加、「政府が断念するまで闘う」などとする決議文を採択した。決議文は、今月いっぱい集める署名と共に、鳩山由紀夫首相に届ける。
 集会では、同島の徳之島、伊仙、天城の3町長や島民代表らが登壇し、移設反対を次々に訴えた。学生代表としてスピーチした徳之島高校2年の中熊優妃さん(16)は、鳩山首相とオバマ大統領に向け、「基地は決して造らせてはなりません。わたしたちの徳之島の未来を壊さないでください」と呼び掛けた。
 あまみ農協の永吉浩次専務理事(44)は「農業立島のため、毎日土と汗にまみれて頑張っている。命の源の農地に基地はいらない。大事な牛にヘリの騒音は必要ない」と主張した。
 徳之島町老連会長の貞勝仁さん(73)は「未来の子、孫を守るためにも基地はいらない」と訴えた。一方、ドイツ出身で島に住み20年目になるという幼稚園経営のメニッヒ・テヨドルさん(75)は「移設に賛成している人も、島のことを考えているのだと思う」と賛成派にも配慮を示した。
 集会の最後には、大久幸助天城町長の音頭で参加者全員が移設反対のプラカードを掲げ、「頑張ろう」と声を合わせた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
もんじゅ安全性「問題ない」=専門委が報告書、近く知事判断へ−福井(時事通信)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)

療養病床の平均在院日数、前年同月比6.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月8日に公表した「病院報告」(2009年12月分概数)によると、全国の病院の療養病床に入院している患者の平均在院日数は175.7日で、前月の182.9日から 7.2日短縮した。しかし、前年同月(169.2日)と比べると6.5日長かった。

【病院の平均在院日数詳細】


 一般病床は17.9日で、前月の18.5日から0.6日短縮した。ただ、前年同月(17.8日)と比べると0.1日長かった。精神病床は前月(318.1日)から6.5日短くなり、311.6日になった。病院の病床全体では32.4日で、前月の33.3日から0.9日短縮したが、前年同月(32.2日)からは0.2日延びた=グラフ=。

 病院の病床がどれだけ患者を受け入れているかを示す病床利用率は同月末現在、一般病床が61.0%で、前月の75.0%から14ポイントダウン。前年同月(60.5%)からは0.5ポイント上昇した。このほか、療養病床は90.9%(前月90.6%)、精神病床は88.8%(88.8%)、結核病床は32.9%(34.8%)だった。


【関連記事】
赤字病院の割合、4年ぶり7割下回る―公私連調査
病院の療養病床、12か月連続で減少
診療所が11か月ぶりに減少−12月末概数
1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数
歯科診療所、初の減少―医療施設調査

<井上ひさしさん死去>父の芝居、継続して上演…三女が会見(毎日新聞)
台場で発煙筒45本燃える(産経新聞)
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル(産経新聞)
米タイム誌インタビュー 首相「今まで従属的…米の言いなりならぬ」(産経新聞)
タイ首相、村本さんの死「心からの弔意」=鳩山首相、早急な調査要望(時事通信)

小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の大型連休中の米国訪問が中止になったことが7日、明らかになった。複数の民主党関係者が明らかにした。

 小沢氏の訪米は、キャンベル米国務次官補が2月2日に小沢氏と会談した際に要請。これに対し、小沢氏は「せっかく行くならオバマ米大統領にも十分な時間をとってもらわないと困る」と述べ、訪米に応じる意向を伝えていた。

 民主党幹部は7日、「これは延期だ」と述べ、大型連休中の訪米はなくなったことを認めた。さらにこの幹部は「そもそも民主党から訪米を希望したわけではない。いつ訪米するかは今、決まっていない」とも述べた。

 小沢氏の訪米をめぐっては、キャンベル氏の要請以降、米側から積極的な働きかけがなく調整が滞っていたとされる。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米側が民主党政権への不満を強め、小沢氏とオバマ大統領ら米政府要人との会談設定に難色を示したとの見方が政府・与党内に出ている。

【関連記事】
小沢は裸の王様?「支持率ネット結果違う」と“豪語”も
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有
連合会長、静岡会長の発言めぐり小沢氏に謝罪
公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく
12日にも米中首脳会談 鳩山首相との会談予定言及せず
「中国内陸部の資源事情とは…?」

【舞台はここに】黛敏郎「涅槃交響曲」 奈良・東大寺(産経新聞)
国分寺市の路上遺体、6人を殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
「都道府県が判断」の報道を否定=高校無償化、朝鮮学校の扱い−文科相(時事通信)
【ゆうゆうLife】福祉用具の価格差、なぜ?(産経新聞)
<小美玉市長選>島田氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
ネイルサロン
無料ホームページ
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
selected entries
archives
recent comment
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    ぱんてい (05/05)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    リンデル (01/16)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    桃医 (01/10)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    オリンキー (01/02)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    サキューン (12/28)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    俊之 (12/04)
  • 「演説、握手は自粛して」宮崎県選管が要請(読売新聞)
    さもはん (11/26)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM